Mode Matching Method (Eigen Mode Expansion Method)

モード整合法とは,対象とする領域の電磁界を固有関数で展開(計算上は有限個の級数和で表現)し,不連続面で成立する境界条件から導出される連立方程式を解いて固有関数の展開係数を求める手法です。 未知数は各固有関数の振幅係数だけなので高速かつ高精度な計算が可能なのが特徴です。
Linux (Fedora7), gfortran 環境では動作確認済みですが、他のOSでは動作確認していません
Windows, gfortran 環境の設定方法は「数値計算のためのFortran90/95プログラミング入門」 牛島 省(Ushijima Satoru)著・森北出版 追加・訂正などの情報に丁寧で詳しい説明があります。

平行平板不連続 (電界が解析面に平行,磁界が面に垂直な場合)

1.解析モデル PDF PDF
2.定式化ノート PDF PDF PDF
3.変数説明 PDF
4.TMモード解析 .f90

方形導波管E面不連続

1.解析モデル PDF
2.定式化ノート PDF
3.変数説明
4.LSEモード解析 .f90
5.トラブル記録 PDF

方形導波管H面不連続

1.解析モデル PDF
2.定式化ノート PDF PDF
3.変数説明
4.TEモード解析 .f90

参考文献

[1] Uher, Bornemann, Rosenberg, ``Waveguide Components for Antenna Feed Systems: Theory and CAD,'' pp.9-27, Artech House, 1993.
[2] D. M. Pozar, ``Microwave Engineering 3rd edition,'' pp.197-203, Wiley, 2005.
[3] Tak Sum Chu, ``Generalized Scattering Matrix Method for Analysis of Cascaded and Offset Microstrip Step Discontinuities,'' IEEE Trans. MTT, vol.34, pp.280-284, 1986.
[4] 許 瑞邦, ``マイクロ波回路技術者および研究者のためのCADプログラム,'' ミマツデータシステム, 1998.