Lecture Introduction

担当講義科目です。学生の自学/自習補助,アクティブラーニングとしてのフリップ授業/反転授業,大学で実施されている OpenCourseWare (OCW) の流れに倣って担当講義の一部を公開しています。
参考リンク • • •  東工大 OCW,   MIT OCW ,   JMOOC

1.講義のはじめに • • • Introduction and minimum rules

2.専門科目マップ • • • 高専電気電子系の標準的な学修科目です。

3.学習到達目標 • • • JABEE 基準準拠の電子情報工学コース修了認定基準です。

4.演習報告書表紙 • • • Self study check sheet

5.出席確認表 • • • Attendance check sheet

6.授業暦 • • • Lecture calendar referred to Tohoku Univ.

Course Lecture

1.電磁気学I (1.5h×30回=45h)+45h  • • • Electromagnetics I

2.電磁気学II (1.5h×30回=45h)+45h  • • • Electromagnetics II

3.電磁波・光波工学 (1.5h×15回=22.5h)+67.5h  • • • Electromagnetic and light wave

4.電気電子計測I (1.5h×30回=45h)  • • • Instrumentation and measurement I

5.固体電子工学 (1.5h×30回=45h)  • • • Solid state electronics

6.電子回路II (1.5h×30回=45h)  • • • Electronic circuit II

7.工業英語I (1.5h×15回=22.5h)  • • • Engineers English   Google翻訳,

青字の数値は「総講義時間」です。赤字の数値は学修単位認定90h(=2単位)を満たすのに必要な「自学自習時間」です。45hは会社員の1週間の拘束時間に相当します。1日9hを5日間続ければ,一通りの知識は習得できる構成になっています。
※ 総講義回数は1セメスター(=半期)で15回,2セメスター(=通年)で30回です。大学や専攻科は1セメスター講義のみです。単位数が同じ2セメスター講義は「高専単位」と呼ばれ,高校寄りの手厚いルールです。

Course Exercise

1.応用電磁気学 (22.5h = 1.5h×15回) +67.5h  • • • Applied electromagnetics

2.通信工学概論 (1.5h = 1.5h×1回)  • • • Summer seminar

3.Excel VBA (3h = 1.5h×2回)  • • • Excel macro for beginner's data processing

4.電気回路演習 (45h = 1.5h×30回) +45h  • • • Advanced course

5.無線工学特論 (22.5h = 1.5h×15回) +67.5h  • • • Radio engineering

6.工学セミナー (22.5h = 1.5h×15日)  • • • Project/Problem Based Learning


FEEE Future Education for Electromagnetic Engineers